ひんじぃのお助け商店街

トイレが近くて困っているあなたへ。中高年の頻尿に関するお悩み解決します!

トイレ 女性の頻尿 病気

尿意が急にくるのは病気なの?女性に多い膀胱炎について

更新日:

 

細菌が感染して起こる膀胱炎は、朝は特になんにもなかったのに、午後から突然 腰のあたりが重苦しくなり、急にくる尿意や残尿感、排尿痛といった膀胱炎特有の症状が現れます。
 

私の場合はそんな時、トイレに行ってもおしっこがちょっとしか出なかったり、尿に血が混じったりすることがあります。
 

排尿時には半端なく痛みが出て「ううっ!痛い」と声が出てしまうこともあります。
 

こんな時は熱も出て辛いですが、病院に行き処方された薬を飲んで休むと、症状が嘘のように治まっていきます。
 

この記事では、膀胱炎についてさまざまなポイントからチェックしています。是非参考にしてくださいね。
 

膀胱炎はドラックストアの市販薬でも治るの?

 

大事な会議があり会社を休めない、子供の面倒や家事が忙しく時間がないなどの場合は、ドラッグストアなどの市販薬を、一時的な応急処置の目的で使うのもいいかも知れません。
 

ただ、市販薬自体には即効性がなく、やんわりとした効きめなので、長く薬を飲み続けなければなりません。
 

一方で、病院で処方される抗生物質薬には、即効性があり、細菌を完全に死滅させる効果が期待できます。安易に市販薬には頼らず、病院での治療を受けるようにしましょう。
 

私の経験から、抗生物質は3、4日すると膀胱炎の症状が落ちつくため、良くなったと勘違いして薬を止めてしまったことがありました。
 

結果、症状がぶり返して、一月に2回膀胱炎にかかってしまった経験があります。
 

人によってはそれが引き金になり慢性化することもありますので、症状が治まっても1週間は薬を飲み続け、完全に治すようにしましょう。
 

病院の検査って恥ずかしくない?大丈夫?

 

病院での検査は、男性の場合は前立腺の肥大によって頻尿が起こることも考えられ、エコー検査をする場合もあります。
 

ですが、女性の場合は殆どが尿検査で、白血球が増えていることや尿の色が白っぽく濁っている、尿に血液が混じっていることが確認でき、問診と併せて膀胱炎であることが診断できます。
 

重症でなければ、説明もなく他を調べますので…みたいなことはあり得ないことです。膀胱炎かも?思ったら、すぐに病院を受診しましょう。
 

膀胱炎を防ぐ方法があれば知りたい?

 

一般的には、たとえ尿道口に大腸菌が付着したとしても、排尿と共に外に出て行き、膀胱炎になることは少ないといいます。
 

私の場合は汗かきで夏などは特に尿量が極端に少なくなります。
 

また、ひどい便秘で切れ痔になることもあり、それらが膀胱炎の原因かなと思うことがあります。
 

先生によれば、「腸内環境が良好であれば、それだけ免疫力も上がるので、便秘にならないよう食生活や生活習慣を見直すようにして下さい」と言われました。
 

また、女性は特に、尿道の出口が肛門と近い位置にあり、男性に比べ尿道から細菌が入り込みやすく、膀胱炎になりやすいという説明を受けました。
 

他にも、膀胱炎は、クラミジア性感染症などの細菌が尿道口から侵入して、膀胱炎に感染する場合もあるようです。
 

クラミジア性感染症は、約半数以上の人に自覚症状がなく、膀胱炎になって初めてクラミジア性感染症だと分かった、という人もいるようです。
 

とにかく「おかしいな?」と思ったらすぐ病院を受診しましょう。
 

まとめ

 

抗生物質を飲むと直ぐに菌が弱って、症状が治まったような感じがします。
 

ただ、中にはしつこく残る菌もいて、抗生物質の薬を途中でやめてしまうと、これぞとばかりに、それらの菌が増殖してしまいます。
 

抗生物質は症状が良くなっても1週間ぐらいは飲み続け、完全に膀胱炎を治すようにしましょう。

-トイレ, 女性の頻尿, 病気

Copyright© ひんじぃのお助け商店街 , 2020 AllRights Reserved.