ひんじぃのお助け商店街

トイレが近くて困っているあなたへ。中高年の頻尿に関するお悩み解決します!

トイレ 病気

異常にのどが渇いてトイレが多くなる病気とは?

更新日:

 

「尿の回数が増えた。年だから仕方ない」と考えないで!
 

もしかしたら重大な病気のサインかもしれません。
 

昨年より、私は自分の住むマンションの理事をしております。
 

輪番制で当たったのです。おかげでマンションの方々との交流も深まりました。
 

年齢は60代の方が一番多く、次いで、私含む40代が多いですね。
 

月1回、理事会が開催されますが、2~3時間、休憩なしで議事が進行します。
 

理事会が終わると、私も先輩方も一目散にトイレに向かっていきます。
 

トイレが近い人間は、ほかの人のトイレのことも気になるものです。
 

あ、あの人近いなと、だいたい見ていればわかります。
 

水分補給のし過ぎは病気のサイン?

 

そんな中、同じ部会で大変お世話になった60代男性のAさんは少し変わっていました。
 

Aさんもトイレ一目散組ではあったのですが、なんというか、切迫感がないんですよね。
 

あと、排尿の時間が短くも、長くもない、普通なんです。
 

トイレが近い人というのは、だいたいどっちかという印象です。でもAさんはどっちでもないんですね。
 

それと、何より変わっていたのが、会議中ちょくちょく飲み物を口にされるのです。
 

私などはあまり口にしません。トイレが近くなるからです。
 

ほかのトイレ一目散組の先輩方もそうです。
 

ところがAさんは違います。ご自宅から持参されたポットが空になるまで飲みます。
 

良く飲むなあと感心していました。
 

ポットを持参される理由については「トイレが近くなっちゃったからさあ、のどが渇くんだよね」とおっしゃっていました。
 

「もうだんだん歳だからさ、仕方ないよね」と。
 

ある月、Aさんが珍しく理事会を欠席されました。
 

糖尿病の可能性も……

 

後で伺ってみると、重度の糖尿病であることがわかり、入院されていたというのです。
 

ここのところ体調がわるく、夏バテと思いしばらく我慢していたところ、だんだんと歩けないほどの疲労感となり、起き上がれなくなってしまったそうです。
 

これはダメだと思って病院に行ったところ、重度の糖尿病であったと診断されました。
 

Aさんは退職後、健康診断を受けていなかったそうです。
 

糖尿病の症状のひとつとして「多尿」が知られています。
 

普通、成人は1日1000mLから2000mL の尿を排泄していますが、多尿の方は1日3000mL の尿を排泄するそうです。
 

また、尿の量が増えますから、脱水状態になり、のどが渇きます。
 

Aさんが良く飲料を口にされていたのはそのためだったんですね。
 

頻尿とは随分違います。
 

頻尿は尿量が変わらないので、1回あたりの尿量は少ないのです。のども乾きません。
 

年をとるとトイレの回数は増えるものです。
 

トイレが近いのは、歳のせいだと考えるのも、無理はありません。
 

しかし、Aさんのように、重大な病気が隠れている場合もあるんですね。
 

ほかにも非常に稀ですが、尿崩症といったような、ホルモンの病気も「多尿」があらわれるそうです。
 

トイレが近いのは歳のせいと考えてしまいがちですが、こんなこともある、と思い知った話でした。

⇒【男性におすすめの頻尿サプリはこちら

-トイレ, 病気

Copyright© ひんじぃのお助け商店街 , 2020 AllRights Reserved.